シーズンによって交換が必要な車のタイヤ。外した後の管理をしっかりしないと、タイヤの寿命を縮めてしまうことはご存じでしょうか。
タイヤは皆さんもご存じの通り、特殊なゴムで出来ています。柔らかいゴムが地面にグリップすることで、重い車も自由に動かすことが出来るのです。しかし、ゴムが劣化してくると硬くなり、グリップ力が無くなり滑りやすくなってきます。また、硬くなるとひび割れが起こる原因にもなり、そこからタイヤに亀裂が入って走行中にバーストしてしまう恐れまであるのです。
タイヤに使われているゴムは特に雨風に弱いので、屋外に放置はもってのほかです。更に水分はホイールの錆の原因にもなりますのできちんと屋内に入れるようにしましょう。また、タイヤは紫外線も大敵です。出来ることならばなるべく暗く寒暖差の少ないところが好ましいです。場所も無いしなかなか難しい、という人はタイヤカバーを使うといいですね。雨風も防げますし紫外線避けにも最適です。
決して安くはない車のタイヤ。しかし、劣化したものを無理に使用すると重大事故につながることもあります。交換の際は異常がないのかチェックしてから使用したいですね。きちんと保管して、長く安全にドライブを楽しんでください。