せん断効果

| 未分類 |

スタッドレスタイヤが雪道にて滑らないのは主に3つの力が働いているためと言われています。1つは粘着力と言われるものです。これは接地部との摩擦抵抗のことをあらわした表現になります。スタッドレスタイヤは低温でもゴムが硬化しないような柔らかいゴムでできており、これにより路面との摩擦力を大きくします。次にエッジ効果と呼ばれるものです。これはスタッドレスタイヤを見ると分かるのですが、無数の細かい切り込み(サイプ)が刻まれておりこれらの切り込みが雪面や氷上に引っかかることで抵抗を得ようとすることを言います。最後にせん断効果と呼ばれるものがあります。通常のタイヤは雨水等を吐き出すために溝が掘られていますが、スタッドレスタイヤはこれら通常のタイヤと比べて溝が深く、その上複雑な形をしています。これらの構造により深く雪に食い込んで柱上に固めることができます。その際にこれらの雪を吐き出すことで、雪道でも駆動力や制動力を発揮することができます。前述したサイプもこの力を発揮する目的でも掘られています。以上のような構造により、雪道でも駆動力や制動力を得ることができます。ただし、通常のタイヤより良いというだけで全く滑らないわけではないため慎重な運転を心掛けましょう。