プラットフォームの見方

| 未分類 |

雪道や凍結道などを走ることを目的として開発された特殊なタイヤをスタッドレスタイヤと呼びます。主に冬に活躍するためシーズン以外は保管しておく必要があります。保管のとき特に注意を払わなければならない点は、ゴムの経年劣化を防ぐことです。直射日光はひび割れの原因になるので屋内の通気性の良い日陰に保存する必要があります。泥や油脂などの付着した異物を綺麗に洗い落として、水気が残らないように丁寧に拭き取ることも大切です。カーショップやガソリンスタンドなどでは保管サービスも行っているのでこれも活用できます。
スタッドレスタイヤを使用する前にいくつかのチェックポイントを確認する必要があります。長い間保管していた場合、空気は抜けているのでエアゲージで適正空気圧へ調整する必要があります。そのままの状態で走行すると大変危険で、最悪の場合バーストを起こすこともあります。タイヤの磨耗状態もチェックし場合によってはローテーションしたほうが良いでしょう。プラットフォームはタイヤの側面にある矢印が示す重要なチェックポイントで、スタッドレスタイヤの溝の深さが一目で分かる構造になっています。新品時にはトレッド溝の間に隠れていますが、溝の深さが50%以下になると溝と溝の間に露出してくる仕組みです。冬用タイヤとしての性能を発揮できるかどうかの目安になるでしょう。