エッジ効果

| 未分類 |

スタッドレスタイヤはチェーン等には劣りますが、雪上、氷上での制動力や駆動力が強いです。また、チェーンのように速度を制限さず、チェーンと違い乾燥路の走行も可能なのが大きな魅力です。
スタッドレスタイヤが雪上、氷上での制動力や駆動力得られる理由として3つの効果があります。1つ目が吸着力と言われるもので低温でも硬化しにくいゴムを使用することで接地部との面積を広げ抵抗力を増しています。2つ目にせん断効果と呼ばれるものがあります。これはスタッドレスタイヤが深い溝と複雑な構造の溝を持つことで、雪を柱状に固めてせん断することで駆動力と制動力を出させるものです。最後にエッジ効果と呼ばれるものがあります。これスタッドレスタイヤを見ると分かるのですが、細かい切り込みが入っております。これはサイプと呼ばれるもので、このサイプは氷上に引っかかることで制動力や駆動力を得られます。通常、アイスバーンのような非常に滑りやすい、もしくは止まりづらい路面でこの効果は特に威力を発揮します。このサイプの構造こそスタッドレスタイヤの大きな特徴と言っても過言ではありません。一般にスタッドレスタイヤ以外のスノータイヤやオールテレーンタイヤにはこの構造がない、もしくは少ししかないといった物が多いです。これはスノータイヤが非圧雪の雪面走行するために作られているためせん断力を重視しているためです。オールテレーンタイヤはあらゆる目的で使われることを想定しているため、雪道走行がスタッドレスタイヤと比べ全体的に劣っています。これらの理由により各社タイヤメーカーはサイプの構造や形を重視して開発しているところも多いです。