» 未分類のブログ記事

保管する前にすること

| 未分類 |

期間限定で使用するスタッドレスタイヤ。保管時の環境によっては、タイヤの劣化につながり、寿命が短くなってしまう事があるので注意が必要です。
保管方法で大切なのは、スタッドレスタイヤの特徴である、柔らかいゴムを硬化させないことです。そのためには先ず、タイヤ表面の汚れを水で洗い流します。融雪剤や泥などが硬化の原因となりますので、場合によっては洗剤を用いて綺麗に洗い流しましょう。この際異物などあれば取り除きます。
洗い終わったタイヤは、しっかりと乾燥させます。濡れたまま保管すると劣化に繋がりますので、必ず水分を取り除きましょう。次に空気圧の調整をします。規定空気圧の状態ですと、ゴムに張りが掛かったままになり負担が大きい為、3分の1程度まで空気を抜くと良いでしょう。
保管場所は、直射日光があたらず、温度変化の少ない風通しの良い場所を選んでください。
タイヤの変形防止のため、ホイールを装着したままでの保管となります。市販のタイヤラックを使えば適正に保管することができますが、横積みで保管することも可能です。その際はすのこなどを敷いて地面に直接触れないようにタイヤを置き、その上にクッション材としてダンボールを置き、その上にまたタイヤというように、タイヤとダンボールを交互に敷きます。こうする事でゴムやホイールへの負荷を軽減することが出来ます。タイヤの縦置きはタイヤの一定面だけに負荷がかかり、タイヤ全体の歪みに繋がりますのでご注意下さい。
スタッドレスタイヤはその特徴である柔らかいゴムを維持するために、汚れや水気を取ることが手入れの基本となります。

シーズンによって交換が必要な車のタイヤ。外した後の管理をしっかりしないと、タイヤの寿命を縮めてしまうことはご存じでしょうか。
タイヤは皆さんもご存じの通り、特殊なゴムで出来ています。柔らかいゴムが地面にグリップすることで、重い車も自由に動かすことが出来るのです。しかし、ゴムが劣化してくると硬くなり、グリップ力が無くなり滑りやすくなってきます。また、硬くなるとひび割れが起こる原因にもなり、そこからタイヤに亀裂が入って走行中にバーストしてしまう恐れまであるのです。
タイヤに使われているゴムは特に雨風に弱いので、屋外に放置はもってのほかです。更に水分はホイールの錆の原因にもなりますのできちんと屋内に入れるようにしましょう。また、タイヤは紫外線も大敵です。出来ることならばなるべく暗く寒暖差の少ないところが好ましいです。場所も無いしなかなか難しい、という人はタイヤカバーを使うといいですね。雨風も防げますし紫外線避けにも最適です。
決して安くはない車のタイヤ。しかし、劣化したものを無理に使用すると重大事故につながることもあります。交換の際は異常がないのかチェックしてから使用したいですね。きちんと保管して、長く安全にドライブを楽しんでください。

残り溝のチェック方法

| 未分類 |

冬場になると活躍するのがスタッドレスタイヤですが、安全に利用する為にも残り溝に着目してみる必要があります。
溝がある事によって排水したり、グリップが効くようになりますので、溝が無くなってしまうと本来の性能が低下し、走行に支障をきたすようにもなります。
では、どういった方法で溝のチェックを行えば良いのかと言いますと、まずはプラットホームを確認する方法です。
プラットホームというのはタイヤの溝の中に存在しているのですが、そのプラットホームが露出している状態ですとスタッドレスタイヤとしての機能が低下しています。
溝の深さが50%まで低下すると露出しますので、もし露出している状態の時には交換が必要になります。
溝の深さを調べる際には、プラットホームの確認をする以外のチェック方法があります。
それは100円玉を利用する方法です。
タイヤの溝に100円玉の1の数字が刻まれている方から差し込み、その差し込んだ状態で1の数字が完全に見えている場合は摩耗している状態になります。
因みにタイヤの溝が充分に残っていても、古くなってゴムが硬くなったタイヤというのは性能が落ちています。
その為、溝が充分に残っているとしても、弾力が無くなっている時には交換が必要です。

プラットフォームの見方

| 未分類 |

雪道や凍結道などを走ることを目的として開発された特殊なタイヤをスタッドレスタイヤと呼びます。主に冬に活躍するためシーズン以外は保管しておく必要があります。保管のとき特に注意を払わなければならない点は、ゴムの経年劣化を防ぐことです。直射日光はひび割れの原因になるので屋内の通気性の良い日陰に保存する必要があります。泥や油脂などの付着した異物を綺麗に洗い落として、水気が残らないように丁寧に拭き取ることも大切です。カーショップやガソリンスタンドなどでは保管サービスも行っているのでこれも活用できます。
スタッドレスタイヤを使用する前にいくつかのチェックポイントを確認する必要があります。長い間保管していた場合、空気は抜けているのでエアゲージで適正空気圧へ調整する必要があります。そのままの状態で走行すると大変危険で、最悪の場合バーストを起こすこともあります。タイヤの磨耗状態もチェックし場合によってはローテーションしたほうが良いでしょう。プラットフォームはタイヤの側面にある矢印が示す重要なチェックポイントで、スタッドレスタイヤの溝の深さが一目で分かる構造になっています。新品時にはトレッド溝の間に隠れていますが、溝の深さが50%以下になると溝と溝の間に露出してくる仕組みです。冬用タイヤとしての性能を発揮できるかどうかの目安になるでしょう。

スタッドレスタイヤなどその季節しか使用しないものはきちんと保管しなければ寿命を縮めてしまいます。 それはやはりゴムでできているので、劣化してくるためです。ゴムは劣化してくると固くなり硬化してきます。 一番硬化を進めるのは、熱と光と雨風です。 やはりゴムは熱に弱いのです。夏場などはできるだけ熱くならない場所に置いておきます。よく外にある物置の中に保管したりしますが、意外と物置の中は高温になることがあります。 そしてもうひとつは光ですが、ゴムは紫外線に弱いのです。日陰だから大丈夫と思っている方も多いかもしれませんが、日陰でも紫外線は届いています。そのような時はちゃんとカバーをつけるようにします。 また雨や風に当たると、温度差や水分によって劣化を早めてしまいますので注意が必要です。 このように使用しない間はできるだけ高温にならない場所で、光が雨風にあたらないようにカバーをかけておきます。 スタッドレスなどは硬化してくると性能が悪くなってしまいます。雪道でも思ったように走れなくなってしまうこともあります。 このようなことからも硬化していないか毎回使用する前にチェックをすることです。 スタッドレスは溝が残っていても定期的に交換するほうがいいです。

 

エッジ効果

| 未分類 |

スタッドレスタイヤはチェーン等には劣りますが、雪上、氷上での制動力や駆動力が強いです。また、チェーンのように速度を制限さず、チェーンと違い乾燥路の走行も可能なのが大きな魅力です。
スタッドレスタイヤが雪上、氷上での制動力や駆動力得られる理由として3つの効果があります。1つ目が吸着力と言われるもので低温でも硬化しにくいゴムを使用することで接地部との面積を広げ抵抗力を増しています。2つ目にせん断効果と呼ばれるものがあります。これはスタッドレスタイヤが深い溝と複雑な構造の溝を持つことで、雪を柱状に固めてせん断することで駆動力と制動力を出させるものです。最後にエッジ効果と呼ばれるものがあります。これスタッドレスタイヤを見ると分かるのですが、細かい切り込みが入っております。これはサイプと呼ばれるもので、このサイプは氷上に引っかかることで制動力や駆動力を得られます。通常、アイスバーンのような非常に滑りやすい、もしくは止まりづらい路面でこの効果は特に威力を発揮します。このサイプの構造こそスタッドレスタイヤの大きな特徴と言っても過言ではありません。一般にスタッドレスタイヤ以外のスノータイヤやオールテレーンタイヤにはこの構造がない、もしくは少ししかないといった物が多いです。これはスノータイヤが非圧雪の雪面走行するために作られているためせん断力を重視しているためです。オールテレーンタイヤはあらゆる目的で使われることを想定しているため、雪道走行がスタッドレスタイヤと比べ全体的に劣っています。これらの理由により各社タイヤメーカーはサイプの構造や形を重視して開発しているところも多いです。

せん断効果

| 未分類 |

スタッドレスタイヤが雪道にて滑らないのは主に3つの力が働いているためと言われています。1つは粘着力と言われるものです。これは接地部との摩擦抵抗のことをあらわした表現になります。スタッドレスタイヤは低温でもゴムが硬化しないような柔らかいゴムでできており、これにより路面との摩擦力を大きくします。次にエッジ効果と呼ばれるものです。これはスタッドレスタイヤを見ると分かるのですが、無数の細かい切り込み(サイプ)が刻まれておりこれらの切り込みが雪面や氷上に引っかかることで抵抗を得ようとすることを言います。最後にせん断効果と呼ばれるものがあります。通常のタイヤは雨水等を吐き出すために溝が掘られていますが、スタッドレスタイヤはこれら通常のタイヤと比べて溝が深く、その上複雑な形をしています。これらの構造により深く雪に食い込んで柱上に固めることができます。その際にこれらの雪を吐き出すことで、雪道でも駆動力や制動力を発揮することができます。前述したサイプもこの力を発揮する目的でも掘られています。以上のような構造により、雪道でも駆動力や制動力を得ることができます。ただし、通常のタイヤより良いというだけで全く滑らないわけではないため慎重な運転を心掛けましょう。

粘着効果

| 未分類 |

近年では多種多様なサービス形態により様々な職業が存在しています。
また自動車を利用する職業は年々増加傾向にあり、免許を必要とする人が増えてきています。
特に会社によっては免許がなければ就職できないところもありますので、自動車の免許の需要は高まりつつあります。
自動車を利用している人の多くは男性でしたが、最近では女性の利用者も増えてきています。
低燃費で維持費の低い自動車が登場してきているので、気軽に自動車を利用できるようになった事が要因の1つになっているようです。
また最近の自動車はデザイン性が高くカラーバリエーションも豊富に取り揃えられています。
その為今まで自動車に興味がなかった人達にも注目を集めているのです。
自動車を利用する点で必ず知っていなければならない事があります。
それはメンテナンスと路面凍結した道路や雪道を走る為の冬用タイヤの交換やチェーンの取り付けです。
特に冬用タイヤの交換やチェーンの取り付けは自分でおこなわなければいけないので大変重要です。
何故路面凍結した道路や雪道をノーマルタイヤで走ってはいけないのかと言うと、それはタイヤのグリップがまったく効かなくなってしまうからです。
その為生死に関わる事故を起こしてしまう危険性があるのです。
冬用タイヤとはスタッドレスタイヤと呼ばれており、路面凍結した道路や雪道であってもそのタイヤのグリップの粘着性によってしっかりと地面を走る事ができるのです。
特にコーナーを曲がる時にその性能は発揮されます。
ですので絶対にノーマルタイヤのままで凍結した道路や雪道を走るのはおやめください。
必ず冬用のタイヤに取り替えてから走行しましょう。

通常のノーマルタイヤで雪道等を走ることは、ほとんど自殺行為です。そのため、必ずチェーンやスノータイヤなどが必要になります。さて、スノータイヤの中のスタッドレスタイヤはなぜ、滑らないのかと言うと3つの大きなポイントがあります。まず、1つ目がタイヤのゴムの柔らかさです。ノーマルタイヤは基本的にオフロードを走るために設計されているのでゴムが硬いですが、こちらは柔らかくなっており雪を弾きやすくするとともに、接地面を増やして摩擦力を上げようとしています。2つ目の違いとしてノーマルタイヤとでは溝の形や深さが違ってきます。ノーマルタイヤは雨水を弾く程度を想定して作られているので、溝の数も少なく、深さもさほど深くありませんが、こちらはより複雑により深く溝が刻まれています。これは雪は水と違って吐き出しにくいため、前述したゴムの柔らかさと相まって雪をかきだしてくれます。最後に3つ目としてタイヤに刻まれているパターンと呼ばれるものの性能について解説していきます。ノーマルタイヤは極端に言えば溝があるだけのツルツルのタイヤですが、こちらはパターンと呼ばられるギザギザの小さな溝が付いています。このパターンが氷の上でブレーキを踏んだ際、ギザギザどうしが縮こまるようになるため、消しゴムで机をなぞったような感じで摩擦力を上げる効果があります。また、これら代表的な3つ以外にもミクロサイズの突起が付いていたり、雪の水分を吸収することで滑りを抑える物もあるなど、各社で色々な特徴があります。しかし、チェーンやスパイクタイヤのように引っ掛けて滑らないようにするものではないため、滑る時は滑るので慎重な運転を心掛けましょう。