線路
冬の雪道で活躍するスタッドレスタイヤは消耗品ですので寿命があり、その寿命を見極める基準は大きく分けて2つあります。まずは溝の深さで新品の状態から約50パーセント摩耗すると雪道での機能がなくなりますので冬用のタイヤとして使用することはできません、次にゴムの柔らかさで、凍結をしている路面に対してタイヤのゴムの柔軟性で密着をして車が滑りにくくなりますので溝が寿命の目安でもある50パーセント以上あったとしてもゴムが硬くなってしまうと凍結路面で氷上性能が得られません、冬用のタイヤはスリップサインで摩耗具合を判断するのではなく一本のタイヤに4箇所あるプラットホームで確認をしますタイヤが摩耗してプラットホームが露出をしてブロック自体が繋がると冬用タイヤとして使用することができませんので交換が必要となります。次にゴムの柔らかさですが目で見たり指で触っただけでは良いのか悪いのかを判断することは難しいので一般的にはタイヤ硬度計と言う機械を使ってゴムの柔らかさが適正であるかを測定します。良質の冬用タイヤなどはゴムの柔らかさが長く持続しますので2年目以降も良い数値が出ます。この様に二が良い状態で十分な性能を発揮します。
道路01